ホームCOLUMNファッションにおいてもセルフイメージが制限をかけている

ファッションにおいてもセルフイメージが制限をかけている

By | 2017-11-24T10:38:20+00:00 2017-11-24|

皆さんは、ご自身に対してどんなセルフイメージをお持ちですか?

自分が自分に対して抱くこの「セルフイメージ」

 

実は、ファッションにも気づかない間に自分自身で制限をかけてしまいます。

私も、以前はスカートを履くことは自分らしくないと思っていました。

子供達がまだ小さい頃はパンツの方が楽で活動しやすかったというのも理由の一つですが、

子供達も大きくなった今は、私の着るものは以前に比べて制限がなくなりました。

 

それなのに、ほんの数年前まで
スカートを履くのは自分らしくないと、無意識にセルフイメージを作っていたんですね。

 

実は私自身も、昔、同行ショッピングサービスを受けたことがあります。

 

その際、パーソナルスタイリストさんが持つ私へのイメージが

スカートだったそうです。

それ以前の私は

・カジュアルでパンツスタイルがメイン

・地味な色の洋服

自分ではスカートもカラフルな色の服も選べませんでした。

女性らしい華やかなファッションは自分らしくなく、似合わないと思い込んでいました。

ですが、実際にオススメ頂いた女性らしく華やかなスカートを履くと気持ちもワクワクし周りからの評判がとても良かったのです。特にピンク色がとても似合うと言われました。

自分では、きっと選ぶことはなかった洋服…

ましてやピンク色なんて、選ぶこともなかった。

 

ですが、1度着てみると、
「意外にもこんな感じも似合うんだ」
とセルフイメージが変わります。

 

すると、今まで見ることもなかったミニスカートにも目が留まるようになり、

自分でも選んで着る機会が増えました。


人は5%程と言われる意識できる意識(顕在意識)でものを選んでいます。

ですが、

90%以上とも言われる無意識の意識(潜在意識)には、もっと多くの情報や可能性があります。

 

ファッションが変わると、自分のメンタルだけじゃなく、周りから見られる時の反応も変わってきます。

 

思い込みを自分で変えることはなかなか難しいですが、

ちょっとのきっかけで自分で気づかなかった魅力に気づくことは出来ます。

 

客観的な視点から魅力を教えてもらう。

これは、何十年経っても自分では絶対に分かることが出来ません。
客観的な魅力を知る。そんなきっかけを作るのも、
もっと沢山の自分の魅力に気づきセルフイメージを高める一歩になります。