ホームCOLUMN毎朝のコーディネートを難しくしている原因は?

毎朝のコーディネートを難しくしている原因は?

By | 2017-11-24T16:36:56+00:00 2017-11-24|

皆さん、朝起きて出かける時、洋服選びにどれくらいの時間が掛かりますか?

そして何を基準にその日のコーディネートを決めていますか?

 

私の場合

  • その日の予定(仕事・遊び・子供の行事など)
  • 行き先
  • 誰と合うか?
  • 気温や天候

などを考えてコーディネートを決めています。

 

コーディネートが決まるまでに要する時間はおよそ3分くらい

クローゼットで洋服を手にする前にほぼ頭の中でコーディネートが完成しています。

 

ですが、以前は私もその日着る洋服を選ぶのにもっと時間が掛かっていて

洋服に袖を通しては、やっぱり違う・・・と

とっかえひっかえ試着し、洋服の山が出来るということも度々ありました。

では、その頃の私と現在、一体何が変わったのでしょう?

コーディネートを難しくしていた原因は?

理由はいくつか考えられるのですが、

コーディネートを難しくしている原因の一つは

洋服の量が多過ぎる

から。

 

普通、沢山洋服がある方がコーディネートしやすいのでは?と思ってしまいますが

実は、人間は選択肢が多すぎるとかえって決断することが出来なくなるということが実験結果でも証明されています。

 

コロンビア大学のシーナ・アイエンガー教授が

選択の科学

自身の著書「選択の科学」で行った実験で

 

あるスーパーの試食コーナーに、

24種類のジャムを並べた時と6種類のジャムを並べた時では

24種類のジャムを並べた時の方が試食コーナーに沢山の人が集まり試食をした。

という結果。

 

ですが、実際に購入に至った割合を調べると、

実は6種類しか並べていない時の方が購入まで行動を起こした人が多かったそうです。

 

これは、毎日の洋服選びにも言えることで

選択肢が沢山ありすぎると、その中から選択しなければならないという状況が

かえって脳を疲れさせ決断力を低下させてしまいます

 

確かに、私も昔は「高かったから」「いつか着れるかも」「まだ痛んでいない」

などの理由で、着ていない洋服までクローゼットに納めていたので

 

その中から洋服を選び取ることが結構なストレスになっていました。

実際には、手に取るアイテムは殆ど同じものに限られていたので

 

思い切って着ていない洋服をクローゼットから取り出し

本当に着ているものばかりのクローゼットへ変えていきました。

 

すると、次第にクローゼットの中にあるアイテムを頭で把握出来るようになり

洋服選びがとてもシンプルで簡単になりました。

 

しかも、持っているアイテムを把握していると、他にも思わぬメリットがありました。

手持ちの洋服を減らし、アイテムが把握出来ているメリットは?

手持ちの洋服の枚数は減ったものの

実際には着ていなかったものが減っただけなので

全く不便はなく、かえってスムーズに洋服を選べるようになり、朝の身支度が楽になりました。

 

そして、着ていない洋服を納めていた空間も空いて

それまでギューギューに押し込まないと入らなかった引き出しも

開けると一目瞭然で何が入っているかが見渡せるように。

きちんと並んでいる衣装ケースの中を開ける度に

気持ちもスッキリと心地よい気持ちになります。

 

また、新たに洋服を購入する場合も、

自分がどんなアイテムを持っているのかが頭に入っているので

そのアイテムと合うか?と常にコーディネートが浮かんでから購入する習慣が身につきました。

お蔭で、新たに購入したものの、合わせるものがなくてタンスの肥やし

ということがほぼありません。

着ていない洋服を手放すことで

  • コーディネートに費やす時間
  • タンスの肥やしとなっていた無駄買いのお金
  • 洋服を納めるための空間

結果的にこの3つを得ることが出来ました。

 

もし、着ていない洋服が沢山あるなと思う方は

洋服を一度見直してみるといいですね!