ホームCOLUMN毎朝のコーディネートを難しくしてしまう原因 その2

毎朝のコーディネートを難しくしてしまう原因 その2

By | 2017-11-24T17:30:57+00:00 2017-11-24|

1つ前の記事で

毎朝のコーディネートを難しくしてしまっている原因が

洋服の量が多過ぎ

とお伝えしました。

 

では、他にはどんな原因が考えられるでしょう?

皆さん、何だと思いますか?

 

考えられるもう一つの原因は、反対に

洋服の量が少な過ぎ

というパターンも考えられます。

 

断捨離・ミニマリスト・シンプルライフなど

最近はものを持ち過ぎないことを支持する方も増えてきました。

私も、どちらかと言えばものは少なくスッキリと暮らしたいなと思うのですが

 

コーディネートを組む際に、あまり極端に洋服を減らし過ぎると

日々のコーディネートが単調になってしまったり心が弾まないという状況になる恐れもあります。

しかも、極端に手持ちの服が少な過ぎるとそもそも組み合わせの絶対数自体が減るので

コーディネートのバリエーションが減ってしまいます。

少ない洋服で1ケ月間過ごしてみたところ

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣~

50万部売れたこちらの本が注目を集めていた頃

実は私もブログのチャレンジ企画で数年前に1ケ月10着で暮らしたことがあります。

 

トップス・ボトムス合わせて10着で1か月間を過ごしました。

当時のコーディネートをお見せするのがとても恥ずかしいのですが

ご興味のある方はこちらから

1ケ月10着コーディネート

 

単純に計算すると

トップス5着・ボトムス5着なら組み合わせを変えると25パターンの組み合わせが可能です。

 

比較的ベーシックな普段から袖を通す機会の多いお気に入りのアイテムを10着選んだので

最初は難なく毎日コーディネートを組むことが出来ました。

しかも、最初から選択肢が少ないので考えるのがとても楽でした。

1ケ月10着生活で2週間もした頃から心境に変化が・・・

順調に毎日コーディネートをブログにアップし、

実際にその洋服で過ごす日々が続いたのですが

2週間も経った頃から、心境にある変化が起こってきました。

 

それは

同じアイテムばかりだと飽きてしまい着ていてワクワクしない

そうなんです。組み合わせることは、小物を変えたり工夫することで可能だったのですが

週に何度も同じアイテムを着るということが続くと

私の場合、洋服を着るという楽しみが減ってしまったんですね!

 

例えば、アップル社の設立者のスティーブ・ジョブズ

皆さん、スティーブ・ジョブズと聞くときっと同じ装いをイメージするのではないかと思います。

彼は、

  • ISSEY MIYAKE(イッセイミヤケ)の黒のタートルネック
  • リーバイス501のジーンズ
  • 足元はニューバランスのスニーカー

を毎日着用していました。

これは、洋服を選ぶという決断をする回数を減らし

決断疲れを回避するためという理由があったそう。

 

ですので、人によっては毎日同じ服を着ることが心地よい方もいらっしゃいます。

 

ですが、私の場合は洋服に

買う楽しみ、着る楽しみ、変身する楽しみ

を持っていたんだということにこの経験から気づきを得ました。

自分の心が喜ぶ適正量を知ること

洋服のベストなアイテム数は人によって様々。

一般的には100着を超えると管理がしづらくなると言われていますが

本当に洋服が大好きで沢山持つことでモチベーションがアップする方もいますし

スティーブ・ジョブズのように洋服のブランドにこだわりがあっても

同じものでも心地よい方もいます。

 

自分が、どれくらいの量を持っていたら回るのか?

心地よいのか?心が喜ぶのか?

 

自分の基準、適正量を知ることが大切ですね!