ホームCOLUMN【カラー&イメージ診断】以前受けたカラー診断結果がしっくりこない・・・

【カラー&イメージ診断】以前受けたカラー診断結果がしっくりこない・・・

By | 2018-01-24T14:59:15+00:00 2018-01-24|
ブログを見てお申し込みくださったお客様。
お客様は、数年前にカラー診断を受けられた事があるそうなのですが、
ご自身でも診断結果にしっくりきていないと感じていらっしゃったとのこと。
また、私のサービスの『似合う柄や素材なども分かるイメージ診断にも興味を持った』とおっしゃってくださいました。
まずはグラデーションカラースケールでイエローベースから徐々にブルーベースの好印象の範囲を見ていきました。

(イメージ写真です)

グラデーションカラースケールだと、黄み、青みと分けることなく、黄みから青みに徐々に変化するどの範囲が好印象かが分かります。
個人差はありますがグラデーションカラースケールを当てた時の変化はお客様ご自身でも感じていただけます。
以前、お客様は4シーズンの診断結果がオータムだったそう。
オータムの特徴と言えば、黄みを感じる中間色。暗清色。
ですが、5枚のグラデーションカラースケールで分かったのは
・黄みの範囲も好印象の範囲はあるが、ニュートラル、青みの方に好印象の範囲が広い。
・清濁(澄んだ色~濁った色)では反応が分かりにくかった
・明暗では明るい色が好印象
という結果に。
お客様の好印象の範囲をあえて分類するならサマーウインターでした。
その後、一枚ずつのドレープで丁寧に見ていきます。

結果、やはり青みよりで明るい色にベストカラーが沢山見つかりました。

例えば、カラーチップでお客様に好印象の色をお調べすると、スプリングにも、サマーにも、ウインターにも似合う色が見つかります。同じ色相、多少の違いはあってもお客様にはブルーは似合う色なのです。

パーソナルファッションカラー診断では、シーズン分類に分けることなく、お客様だけのパーソナルに印象の良い色をお伝えします。
また、イメージ診断では、柄ドレープや素材ドレープ、襟の形など、実際にお客様にも確認して頂きながらどういったものが似合いやすいかお伝えします。
似合うものしか着れないではなく、どんな色や柄や素材、形が得意なのか?得意ではないアイテムはどう取り入れていくか?
など、お客様のなりたいイメージもお聞きしながら、ファッションでお客様の魅力が伝わるよう、診断結果をこれからのファッションに取り入れて頂けたら嬉しいなぁと思います。
カラー診断は、あくまでも好印象な色かどうかをお伝えする。
ファッションは自由だし、いろんな色を楽しんで取り入れて欲しいと私も思っています。
お客様がご自身の魅力に気づかれ、ファッションが「悩むもの」から「楽しいもの」に変わっていかれ、イキイキと輝く瞬間がとても嬉しいです。
お客様のなりたいイメージやライフスタイルなどもお伺いし、
日々の生活に無理なく、ファッションのお悩みを解決するお手伝いや、ご自身でもお洋服が選べるようになるお手伝いをやっていきたい‼︎と、あらためて感じました。
ファッションが、自分を表現できるもの、さらには、なりたい自分に近づけてくれるものになって欲しいなと思います。
貴重なお休みをお時間くださいましたお客様、本当にありがとうございました。